偉人記念館・歴史的建造物・城(跡)

【佐藤義美記念館】竹田市出身「いぬのおまわりさん」で有名な作家

竹田市城下町 佐藤義美記念館

大分県竹田市出身の童謡作詞家、童話作家、詩人、佐藤義美記念館です。有名な童謡に「犬のおまわりさん」「アイスクリームの歌」があります。

今回はその記念館のご紹介です。

「佐藤義美記念館」の基本情報(アクセス・入館料・営業時間・駐車場等)

アクセス

入館料・営業時間・駐車場等

住所
〒878-0013 大分県竹田市竹田1735番地
電話番号
0974-63-2650
入館料
一般:300円(20人以上団体250円)
小中学生:200円(20人以上団体150円)
営業時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日
12/29~翌年1/3
駐車場
竹田市城下町交流プラザに駐車し、徒歩10分
電車使用時
豊後竹田駅より徒歩5分
城下町パスポート
利用可・チケット売り場にて販売

城下町パスポート(城下町文化施設共通観覧利用券)も使えます。

\城下町交流プラザ・城下町パスポートの記事はこちら/

佐藤義美とは

佐藤義美は竹田市に生まれた童謡作詞家、童話作家、詩人です。15歳まで竹田市に住んでいましたが、その後父の転勤に伴い横浜に移り住みました。19歳の時に雑誌に童話の投稿を始めます。

23歳の頃から童謡原稿を頼まれるようになり、国語の教師をしながら童謡と詩を描き続け多くの作品を残しました。「十五少年漂流記」や「ニルスのふしぎな旅」の児童文学の翻訳も手がけています。

1954年(昭和29年)に童話集「あるいた 雪だるま」で第1回産経児童出版文化賞を受賞。戦後発刊された童話集も数多くあります。

また、「佐藤義美全集」(全6巻)は1975年(昭和50年)に第5回赤い鳥文学賞を受賞、代表作の「犬のおまわりさん」は、2007年(平成19年)に日本の歌百選に選出されています。

佐藤義美記念館

佐藤義美記念館 外観

道路側から見た記念館

この記念館は佐藤義美が晩年を過ごした神奈川県逗子市にあった建物をそのまま再現しています。大正ロマン漂う木造の洋館づくりです。

佐藤義美記念館 部屋
佐藤義美記念館 展示

館内は2階建になっていて、1階には年表があり、スタッフの方が佐藤義美の生涯を年表に沿ってお話ししてくださいます。

2階には絵本や生原稿、絵本の読み聞かせビデオコーナーや童謡の視聴コーナー。また書斎などがあります。

佐藤義美記念館 ねこ

「犬のおまわりさん」に出てくる迷子のこねこちゃんのポスターも。

このこのおうち

佐藤義美記念館 ねこの家

建物を出て右に、建物に沿って裏に回ると小さな家があります。「このこのおうち」という建物で、迷子のこねこのおうちのようです。家に帰れたようでよかった。

まとめ

数々の童謡や詩を残した佐藤義美。たくさんの展示があり、住んでいた洋館を再現していることから、当時の様子を伺い知ることができます。

城下町にお寄りの際は立ち寄られてはいかがでしょうか。


合わせて読む
滝廉太郎記念館
【滝廉太郎記念館】「荒城の月」や「花」で知られる作曲家の旧宅

「荒城の月」や「花」で有名な作曲家、滝廉太郎。その記念館が大分県竹田市にあります。 滝廉太郎は学生の頃竹田市に数年間住ん ...


合わせて読む
竹田市城下町 岡城跡
【岡城跡】国指定史跡、難攻不落の堅城と言われた「岡城」。「落ちない」で合格祈願にも!

大分県竹田市にある「岡城跡」。難攻不落の堅城と言われているほど鋭く傾斜している天然の要害。そこには未だ石垣が残されており ...

  • この記事を書いた人

ねーこ

このブログの編集長。大分県大分市出身。大分が大好き!趣味は行ったことのない「場所」に行くこと。そして何気ない「会話」や「町並み」「景色」を楽しむこと。自分の行動を通して大分の情報を発信していきます。

-偉人記念館・歴史的建造物・城(跡)
-

Copyright © 2021 いこーえ!|大分ローカルブログ , All Rights Reserved.